メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

廃校、もう一度集いの場に

廃校となった旧原宿中の屋上に広がるプールを利用したビオトープ。ボランティアの岡田伊佐子さんらが管理をしている=東京都渋谷区のケアコミュニティ・原宿の丘で=柴沼均撮影

 少子化が進むなか、各地で公立学校の廃校が相次いでいる。思い出が詰まった校舎を残してほしいとの要望が強く、地域の活性化にもつながるとして、各地で校舎の活用が始まっている。

 ●町のビオトープ

 ファッショナブルな人が行きかう原宿に近い、東京都渋谷区の旧原宿中学。屋上に広がる池にはヤゴやメダカがすみ、鳥たちも時折舞い降り、水を飲んでは羽ばたいていく。ここは、プールを改造したビオトープ(生物空間)。隣には区民菜園も広がり、一般に開放されている。管理ボランティアの一人、岡田伊佐子さん(73)は、「天気が良いと富士山もみえる。町のど真ん中に自然があることは大変貴重で、来た方に喜ばれる」と話す。

 1962年に建築された校舎は99年、「ケアコミュニティ・原宿の丘」としてよみがえった。1階はデイサ…

この記事は有料記事です。

残り1716文字(全文2060文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」
  4. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです