メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

災害アーカイブ

99年広島土砂災害 32人死亡・不明、防止法制定

4人が生き埋めになった現場を捜索する警察官ら=広島市安佐北区亀山で1999年6月29日、森田真潮撮影

 広島市の市街地近郊を襲った1999年の集中豪雨は、佐伯区で1時間に81ミリを観測し、新興住宅地で土砂崩れを引き起こした。多くの人が生き埋めになるなどし、32人が死亡・行方不明となった。「都市型土砂災害」の危険性がクローズアップされ、土砂災害防止法の施行(2001年4月)につながった。

 同法は、土砂災害の恐れがある場所を土砂災害警戒区域(イエローゾーン)や特別警戒区域(レッドゾーン)に指定するよう、都道府県に義務付けた。区域に指定されると、宅地開発の規制対象になったり、土砂災…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パンデミックでない」WHO強調 新型コロナ感染拡大で危険性「最高」に引き上げ

  2. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  3. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです