メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変わる学び

学習指導要領改定/3 経済格差、英語力を左右

イーオンの英文法クラスで先生と共に文章を読み上げる小学生たち=東京都多摩市のイーオンの教室で、竹内紀臣撮影

 「『建てられる』だから、buildがbuiltに変わるよね」。東京都多摩市の私鉄駅前にある大手英会話スクール「イーオン」の教室。平日午後6時、小学5、6年生対象の文法の授業が始まった。この日のテーマは受動態。中学ではおおむね2年で学ぶ文法だ。

 講師の白澤洋子さん(32)は言う。「英語を耳や口を使って体感的に覚えるのには限界がある。小学3年ぐらいになると英文法を学ぶことで知識として定着しやすい」

 イーオンは2013年、小学生向けに英文法クラスを新設した。オリジナルの教材で、6年までに中学校卒業…

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文1000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  2. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです