メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変わる学び

学習指導要領改定/3 経済格差、英語力を左右

イーオンの英文法クラスで先生と共に文章を読み上げる小学生たち=東京都多摩市のイーオンの教室で、竹内紀臣撮影

 「『建てられる』だから、buildがbuiltに変わるよね」。東京都多摩市の私鉄駅前にある大手英会話スクール「イーオン」の教室。平日午後6時、小学5、6年生対象の文法の授業が始まった。この日のテーマは受動態。中学ではおおむね2年で学ぶ文法だ。

 講師の白澤洋子さん(32)は言う。「英語を耳や口を使って体感的に覚えるのには限界がある。小学3年ぐらいになると英文法を学ぶことで知識として定着しやすい」

 イーオンは2013年、小学生向けに英文法クラスを新設した。オリジナルの教材で、6年までに中学校卒業程度の英文法を終えてしまう。受講する多摩市の私立小6年、松原美月さん(12)は「ここで習っているので、学校で習うときにも分かりやすい」と笑顔だ。

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文1000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

  4. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  5. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです