メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変わる学び

学習指導要領改定/3 経済格差、英語力を左右

イーオンの英文法クラスで先生と共に文章を読み上げる小学生たち=東京都多摩市のイーオンの教室で、竹内紀臣撮影

 「『建てられる』だから、buildがbuiltに変わるよね」。東京都多摩市の私鉄駅前にある大手英会話スクール「イーオン」の教室。平日午後6時、小学5、6年生対象の文法の授業が始まった。この日のテーマは受動態。中学ではおおむね2年で学ぶ文法だ。

 講師の白澤洋子さん(32)は言う。「英語を耳や口を使って体感的に覚えるのには限界がある。小学3年ぐらいになると英文法を学ぶことで知識として定着しやすい」

 イーオンは2013年、小学生向けに英文法クラスを新設した。オリジナルの教材で、6年までに中学校卒業…

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文1000文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです