韓国介入事件

サムスントップ逮捕 贈賄や横領容疑

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ソウル大貫智子】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友による国政介入事件に関連し、特別検察官チームは17日、贈賄や横領などの疑いでサムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長(48)を逮捕した。特別検察官チームの2度目の逮捕状請求を受け、ソウル中央地裁が17日、逮捕状を発付した。韓国最大企業の事実上のトップ逮捕という異例の事態となり、韓国経済への影響は避けられない。

 特別検察官チームは李容疑者から朴氏の関与について供述を引き出したい考え。しかし李容疑者側は容疑を一貫して否定しており、取り調べは難航しそうだ。

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文809文字)

あわせて読みたい

注目の特集