メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恐竜博物館

長崎市22年オープン目指す 相次ぎ化石発見

長崎市で発見されたティラノサウルス科の大型種のものとみられる歯の化石=福井県勝山市の県立恐竜博物館で2015年7月13日、村山豪撮影

 長崎市が恐竜をテーマにした博物館の建設に乗り出す。同市南部の長崎半島西岸では、2014年5月に国内で初めてティラノサウルス科の大型種の恐竜の歯とみられる化石が見つかるなど、恐竜の“足跡”が相次いで発見されている。市は「恐竜王国」をアピールしようと、17年度当初予算案に博物館の基本構想策定費を計上し、22年のオープンを目指す。

 長崎市中心部から南西方向にのびる長崎半島の西岸には恐竜が生息した白亜紀後期の地層「三ツ瀬層」(約8…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文588文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 確保の男「パクリやがって」恨み言 京アニ火災
  3. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  4. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
  5. 「ハルヒ」原作者・谷川流さん 「被害者の回復祈るだけ」 京アニ火災で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです