恐竜博物館

長崎市22年オープン目指す 相次ぎ化石発見

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
長崎市で発見されたティラノサウルス科の大型種のものとみられる歯の化石=福井県勝山市の県立恐竜博物館で2015年7月13日、村山豪撮影
長崎市で発見されたティラノサウルス科の大型種のものとみられる歯の化石=福井県勝山市の県立恐竜博物館で2015年7月13日、村山豪撮影

 長崎市が恐竜をテーマにした博物館の建設に乗り出す。同市南部の長崎半島西岸では、2014年5月に国内で初めてティラノサウルス科の大型種の恐竜の歯とみられる化石が見つかるなど、恐竜の“足跡”が相次いで発見されている。市は「恐竜王国」をアピールしようと、17年度当初予算案に博物館の基本構想策定費を計上し、22年のオープンを目指す。

 長崎市中心部から南西方向にのびる長崎半島の西岸には恐竜が生息した白亜紀後期の地層「三ツ瀬層」(約8100万年前)が分布し、04年5月には大型草食恐竜のハドロサウルス科の膝部分の骨の化石が発見された。13年度から市教委が福井県立恐竜博物館(福井県勝山市)と共同で発掘調査を開始。これまで約20点の恐竜の歯や骨の化石が見つかった。

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文588文字)

あわせて読みたい

注目の特集