春一番

関東と北陸で観測 昨年より3日遅く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 気象庁は17日、関東と北陸地方で「春一番」が吹いたと発表した。いずれも昨年より3日遅い。オホーツク海で発達する低気圧に向かって南から暖かい風が吹き込んだため、各地で気温が上昇。風も強まり、「春の嵐」となった。

 気象庁によると、午前10時現在、東京都心で17.5度▽横浜市で16.4度▽金沢市で13.…

この記事は有料記事です。

残り92文字(全文242文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集