メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

船村徹さん84歳=作曲家、文化勲章受章

船村徹さん=藤井太郎撮影

 「王将」「みだれ髪」「矢切の渡し」などの国民的ヒット曲で知られる、戦後歌謡界を代表する作曲家で、文化勲章を受章した船村徹(ふなむら・とおる、本名・福田博郎=ふくだ・ひろお)さんが16日、心不全のため神奈川県藤沢市の病院で亡くなった。84歳だった。通夜は22日午後6時、葬儀は23日午前11時、東京都文京区大塚5の40の1の護国寺。喪主は長男蔦将包(つた・まさかね)さん。2016年5月初めに心不全で倒れ、手術後療養していた。

 栃木県船生村(現塩谷町)生まれ。クラシックの作曲家を志し東洋音楽学校(現東京音楽大)ピアノ科に入学したが、歌謡曲に転向。友人の作詞家、高野公男さんとのコンビで曲づくりに励み、1955年に高野さんとの作品「別れの一本杉」(春日八郎)、「ご機嫌さんよ達者かね」(三橋美智也)がヒットした。

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文743文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです