寄付サイト

ビットコイン利用 「KIZUNA」開設

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「KIZUNA」の発表会で「ビットコインは透明性が高く、寄付全額を社会貢献活動に充てることができます」と話す藤本真衣さん=渋谷区渋谷2のランサーズ新しい働き方LABで2017年1月27日、錦織祐一撮影
「KIZUNA」の発表会で「ビットコインは透明性が高く、寄付全額を社会貢献活動に充てることができます」と話す藤本真衣さん=渋谷区渋谷2のランサーズ新しい働き方LABで2017年1月27日、錦織祐一撮影

 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」を活用して、途上国の支援など社会貢献活動に寄付できるサイト「KIZUNA(きずな)」(https://www.kizuna.world/)が開設された。手数料などが必要なく満額を支援に生かせ、送金に時間がかからず即座に支援先に届けられるなどのメリットがある。ビットコインを使った寄付サイトは、世界的にも珍しいという。

 神戸市出身で、プロモーション会社「グラコネ」(東京都渋谷区)を起業した藤本真衣さん(31)が発案した。藤本さんはビットコインの普及に取り組んでおり「今、お金を必要としているところに確実に届けられる。記録が残り透明性が高いビットコインの仕組みは社会貢献に向いている」と言う。

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文821文字)

あわせて読みたい

注目の特集