メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島2号機

想定以上の破損

サソリ型ロボットが撮影した福島第1原発2号機原子炉直下につながる開口部(左上)=東京電力提供

 東京電力福島第1原発2号機で、自走式の「サソリ型ロボット」を使った格納容器内部の調査は目標の原子炉直下まで到達できないまま、16日に終了した。2号機は水素爆発した1、3号機より損傷が比較的少ないと見られていたが、格納容器内部にある格子状の足場に穴が見つかるなど破損状況は想定以上に激しく、廃炉作業の難しさを改めて示した。

 「堆積(たいせき)物の情報などを収集できた世界初の調査で、失敗ではない」。東電の岡村祐一原子力・立地本部長代理は記者会見で強調した。サソリ型のカメラは格納容器内の配管などの状況もとらえており、今後の映像処理によってはより鮮明な画像を得られる可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS セクゾ松島聡、1年9ヶ月ぶり活動再開を発表 18年11月よりパニック障害の療養で休止

  2. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  3. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 「香港に自由を」 市民ら200人国会前でデモ 日本政府に適切な対応求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです