メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「使用」と「利用」の違い

機能や利点を生かして使う どんな目的のためかが分かれ道

[PR]

電次「これは新しい!」
ケビン「また何か発明シタノ?」  電次「今回は、そんなに大したことないけどなっ。電子書籍版の電話帳だっ!」 ケビン「えっ? 似たようなサービスはとっくに……」  電次「まあ聞けよ。電話帳って分厚いし、漬物石くらいにしか『利用』できないだろ?」 ケビン「そこは『使用』でお願いしたいところ。解説シマース」
さて、今回は「使用」と「利用」の違いについて解説します。 どちらも「使う」という意味ではあります。 「使用」は、特定の目的のために物を役立てたり、人に仕事をさせたりすることです。 この際、本来の目的は必ずしもあまり意識されないようです。 電話帳はもともと電話番号を調べるものですから、漬物石として使うのはいわば目的外「使用」ですね。
一方の「利用」は、既にあるものを役立てること、物の機能・利点を生かして用いることです。 電話帳の例では「水道工事業者の電話番号を調べるのに『利用』した」と、本来の目的を生かしたという意味になりますね。 ただし、「物の機能や利点」は人によって解釈が異なりますので、「使用」と「利用」を厳密に使い分けるのは難しいところです。 「漬物石として、分厚い電話帳(の重さ)を利用した」ということもできますね。 ケビン「日本語の曖昧(あいまい)な部分デスネ!」
 電次「オレにとって分厚い電話帳は最初から『重しになる物』だったからな。『利用』でもいいわけだろ?」 ケビン「まあ、ソウダネ」  電次「日本語って難しいなぁ……」 ケビン「日本語に限らず、言葉とはそういうものデスネ。使う人や時代によって意味が変わったりもシマスシ。」  電次「勉強になるぜ」
電次「特徴や機能を生かすのが『利用』だな」
今回のまとめです。 「使用」は、特定の目的のために使うこと。 「利用」は、本来の特徴や機能を生かして使うこと。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです