イチオシ本

人間の共通点感じて 高校司書が158タイトル順位付け 1位「翻訳できない世界のことば」 /埼玉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県内の高校司書有志が生徒たちに良書を紹介する「埼玉県の高校図書館司書が選んだイチオシ本2016」が17日発表された。1位にエラ・フランシス・サンダースさんの「翻訳できない世界のことば」が選ばれた。関連書フェアは県内の57書店で実施され、76カ所の公共図書館などでもパンフレットが配られる。【木村健二】

 この企画は、高校司書有志でつくる「埼玉県高校図書館フェスティバル実行委員会」が2010年から取り組んでおり、今回は15年11月~16年10月に出版され司書105人が薦めた158タイトルを順位付けした。

この記事は有料記事です。

残り874文字(全文1126文字)

あわせて読みたい

注目の特集