メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・東京2020

挑む・ささえる おもてなし うら・おもて/7 災害時の訪日客支援 /東京

避難所に関する質問を英語、韓国語、中国語に翻訳したスマートフォンアプリ「Safety tips」のコミュニケーションカード=東京都千代田区霞が関2の観光庁で

 2011年の東日本大震災では、地震などの経験に乏しく言葉もわからない、日本にいる外国人への情報提供が大きな問題になった。東京五輪・パラリンピックに向け国は、外国人に正確な情報を提供する災害時スマートフォンアプリの運用を開始。だが、実際に災害が起きれば、外国人支援には事前のマニュアル作りや、外国語がわかる支援要員の配置計画なども欠かせない。今回の「おもてなし うら・おもて」は、外国人のための災害への備えについて。【岩嶋悟】

 「地震がいつまで続くのか」。6年前の東日本大震災直後、公益財団法人「横浜市国際交流協会」に設置された「市外国人震災時情報センター」には、市内に住む外国人から、余震や原発事故に関する問い合わせ電話が相次いだ。

この記事は有料記事です。

残り1278文字(全文1595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 北海道の休校要請、共働き家庭を直撃 学童保育・クラブも閉鎖

  4. 東京マラソン「大規模イベントに当たらない」 日本陸連、予定通り開催

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです