特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

越えていく

至学館・初センバツ 部員紹介/2 投手/下 /愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
前列左から笠川、伊豆本、森、後列左から安形、滝川、小平、伊左次、白崎の各選手 拡大
前列左から笠川、伊豆本、森、後列左から安形、滝川、小平、伊左次、白崎の各選手

 <第89回選抜高校野球>

 笠川隆介(1年) 茨城県に住んでいた小学2年のときに兄と野球を始めた。「投手で三振を取るのが気持ちよかった」。E-Girlsのファン。

 伊左次翔(同) あま市の自宅から早朝の自主練習に通う。野球は小学1年の夏、4歳上の兄の影響で始めた。2歳から取り組んでいた水泳も得意。

 伊豆本健斗(同) 友達に誘われ、小学2年から野球を始めた。土日の練習のない日には、体操や陸上にも取り組んでいた。好物は「歌志軒」の油そば。

 森健人(同) 小学3年のとき、草野球をする父を見て、地元のクラブに入部した。BIGBANGの曲がお気に入り。将来の夢は「社長」。

 安形蒼大(同) 小学1年のとき、祖父が監督を務めるチームで野球を始めた。岐阜県多治見市出身で、21世紀枠からセンバツ出場の多治見に球友がおり、「負けずに頑張る」。

 滝川優祐(同) 野球を始めたのは小学2年のとき、近所の友達に誘われて。「静岡のいとこも始めていたので、一緒にやりたくて」。好きなタレントは大原桜子。

 小平輝成(同) 2歳上の兄の影響で、小学1年で野球を始め、中学から投手。油そばが好物で、トッピングは「もやしとキムチ」。

 白崎寛大(同) 大阪生まれで、北海道にいた小学2年のときに野球を始めた。中学時代は長野県で過ごし、スキーも得意。愛知の夏は「めちゃくちゃ暑い」。(敬称略)=つづく

あわせて読みたい