保育園落ちた

1年 待機ゼロ、いつ実現 首相「ニーズ増に追い付かず」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会で民進・山尾志桜里氏(左)が保育園の待機児童問題についての質問で安倍晋三首相(右)に答弁を求めたが、代わって答弁に立つ塩崎恭久厚生労働相(中央)=国会内で2017年2月17日午前11時19分、川田雅浩撮影
衆院予算委員会で民進・山尾志桜里氏(左)が保育園の待機児童問題についての質問で安倍晋三首相(右)に答弁を求めたが、代わって答弁に立つ塩崎恭久厚生労働相(中央)=国会内で2017年2月17日午前11時19分、川田雅浩撮影

 昨年2月に「保育園落ちた。日本死ね!!!」と窮状を訴える匿名ブログが共感を集めて社会問題化して1年。17日の衆院予算委員会で待機児童問題が取り上げられた。安倍晋三首相は「保育の受け皿は増やした」としつつ、政府が掲げる2017年度末の待機児童ゼロの目標達成は困難だとの見通しを示した。今年4月の入所を目指して落選した親たちには失望が広がっている。

 昨年2月の予算委でこのブログを取り上げた民進党の山尾志桜里氏は、この日の質疑で「1年たち、今年も保育園落ちたという叫びが届いている」と切り出し、「20カ所に申し込んだが落ちた」「2人の娘を抱えているが4年連続落ちた」といった母親の声を紹介。「いつゼロにするのか」とただした。首相は「受け皿を増やすと同時に働く女性が安倍政権で90万人以上増え、その中でニーズも増えた」と指摘し、目標達成について「残念…

この記事は有料記事です。

残り1147文字(全文1520文字)

あわせて読みたい

注目の特集