ベルリン映画祭

生田斗真さんLGBT映画が審査員特別賞

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
映画「彼らが本気編むときは、」で、LGBTの問題を描いた優れた映画を顕彰するテディ賞で審査員賞を受賞し、スピーチする荻上直子監督=2017年2月17日、木村光則撮影
映画「彼らが本気編むときは、」で、LGBTの問題を描いた優れた映画を顕彰するテディ賞で審査員賞を受賞し、スピーチする荻上直子監督=2017年2月17日、木村光則撮影

日中監督「フーリッシュ・バード」がスペシャルメンション賞

 【ベルリン木村光則】第67回ベルリン国際映画祭で17日、青少年向け映画のジェネレーション14プラス部門に出品されていた日本の大塚竜治監督と中国のホアン・ジー監督の共同製作による映画「フーリッシュ・バード」が、グランプリに次ぐスペシャルメンション賞を受賞した。中国湖南省の村に住む…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

あわせて読みたい

注目の特集