JR四国

新型車両を公開 特急形では約20年ぶりの導入

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
公開された2600系特急形気動車の外観=高松市のJR高松運転所で2017年2月17日、山口桂子撮影
公開された2600系特急形気動車の外観=高松市のJR高松運転所で2017年2月17日、山口桂子撮影

 JR四国は17日、今秋から順次導入を目指す2600系特急形気動車の新型車両を報道陣に公開した。老朽化した2000系に替わり、同種の車両では約20年ぶりの導入となる。消費電力やメンテナンス費の軽減を図った。

 JR高松運転所(高松市)で2両編成を公開した。外観は、日本の伝統意匠を現代風にアレンジし、吉兆…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文378文字)

あわせて読みたい

注目の特集