ふるさと納税

返礼品競争過熱 困った目玉なし東京23区

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ふるさと納税による東京23区の減収額
ふるさと納税による東京23区の減収額

17年度予想、208億円の税収減を見込む

 高級肉などの「返礼品競争」が問題となっている「ふるさと納税」の影響で、東京23区が2017年度、少なくとも208億円の税収減を見込んでいることが各区への取材で分かった。16年度の129億円から1.6倍になる見通し。地方の自治体が特産品を用意して寄付を呼び込み合う中、目を引く産物に乏しい23区は、止まらない税流出に頭を抱えている。【五味香織、谷本仁美】

 税収減の見込みは、多い区で▽世田谷区30億円=16年度比1.8倍▽港区23億4100万円=同1.5倍▽渋谷区14億6000万円=同2倍--など。ほぼ全ての区が、16年度より多くなると予測している。

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文919文字)

あわせて読みたい

注目の特集