メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

侍ジャパン

練習試合の山田と筒香 明暗分けた打線の中核

 来月に開幕するワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する日本代表「侍ジャパン」で打線の中核を担うヤクルト・山田とDeNA・筒香が練習試合で明暗を分けた。山田は3試合目で初安打を含む2安打1打点。筒香は2試合目も無安打で4打席3三振だった。

 ただし表情は結果通りではない。山田は「自分のスイングではない」と話し、筒香は「打席ごとに修正できた」と4打席目の三塁ライナーに手応えを得ていた。

 2人はWBCでは仲間だが、セ・リーグで本塁打や打点のタイトルを争うライバルだ。両チームは開幕戦で当…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです