メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュア

史上4人目3桁得点 宇野100.28で2位

男子SPで演技する宇野昌磨=韓国・江陵で2017年2月17日、佐々木順一撮影

フィギュア4大陸選手権第2日 男子SP(17日)

 課題のSPでジャンプを全て降り、自身初の100点超え。これまでSP100点超えは羽生、昨季世界王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン)の2人だけだったが、宇野がこの日のチェンに続いて史上4人目の快挙を達成。「(得点が)2桁から3桁になって、すごくうれしい」とはにかんだ。

 冒頭の4回転フリップは着氷でやや前のめりになり、出来栄え点(GOE)で1.20点減点されたが、続く4-3回転トーループを成功させると、後半のトリプルアクセル(3回転半)はGOEで2.71点の加点が付く美しさ。ステップ、スピンも全て最高難度のレベル4を獲得した。それでも、宇野は「割といい演技ができてほっとしたけど、もっといいスケーティングができた」と反省の弁。自己ベストの得点にも満足していなかった…

この記事は有料記事です。

残り91文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. ネパール隊がK2の冬季登頂に初成功 世界第2の高峰

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです