メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一筆半歩

鳥インフルの教訓=酒井祥宏 /北海道

 清水町の養鶏場で昨年末、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出され、道は約28万4000羽を殺処分し、埋却などの防疫措置をした。道内では家きんへの初の感染例。道は処分完了まで時間がかかり過ぎたとして対応を検証し、独自の対策をまとめた。

 情報共有不足などの課題以上に作業を阻んだのは、北海道の厳しい寒さと広さだった。消毒液に凍結を防ぐ不凍液を混ぜる必要があり、準備に時…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文460文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです