メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講演

「失敗重ねたから頑張れた」 「はやぶさ」指揮の川口さん 高崎 /群馬

「はやぶさ」をテーマに語る川口淳一郎さん=高崎市末広町の市総合福祉センターで

 世界で初めて小惑星「イトカワ」から物質を地球に持ち帰った探査機「はやぶさ」のプロジェクトマネジャーだった宇宙航空研究開発機構(JAXA)シニアフェロー、川口淳一郎さん(61)が18日、高崎市内で講演した。

 川口さんによると、小惑星からサンプルを採取する計画が始まったのは1985年。翌年には飛行計画を提案したが、プロジェクトは頓挫した。「(『はやぶさ』などで使われた)イオンエンジンができておらず、燃料不足で実験ができなかったため」という。

 以降、10年を費やしてエンジンの研究を重ね、96年にプロジェクトが始動。打ち上げにはさらに7年かかった。「最後まで頑張れたのは、いくつも失敗を重ねたから。失敗することで、自分の経験のなさや無知に初めて気付いた」と振り返った。

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 「分断」につけこむロシアの情報戦 小泉悠氏が警告する日本の「甘さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです