メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

我が子失った母2人の闘い(その1) 保育事故止めたい

自身の長男が保育園で亡くなった事故について、保育園長らに向けたセミナーで語る栗並えみさん=東京都品川区で、梅村直承撮影

 あどけない笑顔の遺影に読経が響く。昨年12月4日、愛知県碧南市に住む栗並(くりなみ)えみさん(37)の自宅で、長男寛也ちゃんの七回忌法要が営まれた。認可保育所に預けた寛也ちゃんが、おやつのカステラをのどに詰まらせたのは2010年10月。意識は回復することなく、約40日後に亡くなった。1歳5カ月だった。

 法要には栗並さん夫妻とその両親や近親者が顔をそろえた。さっきまでふざけていた次男(5)はぐっすり眠…

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文825文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 宮内庁、「高御座」組み立て作業公開 「即位礼正殿の儀」で使用

  5. だんじり客に車突っ込み 酒気帯びで男逮捕 大阪・千早赤阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです