メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

りそなHD 共鳴、理想、地域 合わせる

 店舗の営業時間を延長し、休日でも住宅購入用の資金を融資するなど、顧客目線の取り組みを進めるりそなホールディングス(HD)。その名称が決まったのは2002年だ。

 大手銀行は1990年代以降、バブル崩壊後の巨額不良債権を処理し、生き残りをかけた業界再編を加速させた。首都圏が地盤のあさひ銀行と関西が拠点の大和銀行グループが統合を発表したのは01年9月。メガバンクと一線を画した地域連合が誕生した。

 新名称の検討チームは、目新しさや地域密着をアピールできる名前を探した。浮上したのはラテン語で「共鳴する」「響き渡る」を意味する「Resona(レゾナ)」。これに語感の近い日本語の「理想」や、英語で地域を意味する「Regional(リージョナル)」を掛け合わせた「りそな」が有力候補となった。

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  2. 分かれても「民主党」 立憲、国民、衆院比例代表で同じ略称 票は「案分」へ

  3. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  4. チームの浮沈で学んだ「一喜一憂しても仕方ない」 ヤマハの窮地救った31歳 都市対抗東海2次

  5. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです