メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

政権1カ月 識者の話

岡山裕氏

支持引き留めカギ 岡山裕氏・慶応大教授(米国政治)

 トランプ政権発足以降の評価は、早いスピードで政策を次々と打ち出したものの、手法が非常に危なっかしく拙速だというものだ。歴代大統領で就任当初に大方針を象徴的に打ち出したり、前政権の大統領令を覆したりしたケースはあるが、中東・アフリカ7カ国からの入国を一時禁止する大統領令のように新しい政策を本格的に導入しようとするのは異例だ。

 フリン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の辞任理由となったロシアとの癒着疑惑は政権を揺るがしかねない。他にもトランプ氏側近がロシアと過去に接触していたと指摘されている。不法移民を雇っていたファストフードチェーン経営者のパズダー氏は労働長官への指名を辞退した。身辺調査が非常に甘かったと考えられる。

この記事は有料記事です。

残り1577文字(全文1915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. 共通テスト、公民で出題ミス 視覚障害者向けの問題冊子で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです