メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆アーカイブ

廃虚、焼き付けた40枚 被爆3日後、記者が歩いた

(1)京橋川に架かる京橋の西詰めから西の方角を連続撮影した7枚をつないだ。幹線道路のがれきは取り払われ、肉親や知人らを捜しに来たと思われる人々が行き交う。焼け野原のかなたに倒壊しなかった建物群が見える=爆心地から1400メートル

 1945年8月6日午前8時15分、人類史上初の核攻撃で破壊し尽くされた広島。その3日後、毎日新聞記者が撮った原子野の光景は、「核廃絶の原点」として後世に残さなければならない記録となった。毎日新聞サイトに開設した「広島原爆アーカイブ」で40枚を掲載するのに合わせて、その一部を紹介する。

惨状、長年伏せられ

 原爆投下から3日後の広島を撮影した毎日新聞大阪本社写真部の国平幸男記者(2009年に92歳で死去)…

この記事は有料記事です。

残り1425文字(全文1627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです