メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆アーカイブ

廃虚、焼き付けた40枚 被爆3日後、記者が歩いた

(1)京橋川に架かる京橋の西詰めから西の方角を連続撮影した7枚をつないだ。幹線道路のがれきは取り払われ、肉親や知人らを捜しに来たと思われる人々が行き交う。焼け野原のかなたに倒壊しなかった建物群が見える=爆心地から1400メートル

 1945年8月6日午前8時15分、人類史上初の核攻撃で破壊し尽くされた広島。その3日後、毎日新聞記者が撮った原子野の光景は、「核廃絶の原点」として後世に残さなければならない記録となった。毎日新聞サイトに開設した「広島原爆アーカイブ」で40枚を掲載するのに合わせて、その一部を紹介する。

 原爆投下から3日後の広島を撮影した毎日新聞大阪本社写真部の国平幸男記者(2009年に92歳で死去)。原爆資料館の検証で判明した17カ所の撮影ポイントをたどり、毎日新聞社史などの記録から当日の足取りを追った。

 国平記者が社会部記者と広島入りを命じられたのは1945年8月7日。8日朝に大阪駅をたち、9日午前10時過ぎに広島駅へと降り立った。

この記事は有料記事です。

残り1314文字(全文1627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  3. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』今夜放送分は「これから収録」 伊藤健太郎容疑者の出演回差替えで緊急対応

  4. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  5. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです