メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

中村桂子・評 『ゴジラ幻論 -日本産怪獣類の一般と個別の博物誌』=倉谷滋・著

 (工作舎・2160円)

生物学の興味溢れるゴジラの世界

 一九五八年生まれの著者が初めて観(み)た映画が「モスラ対ゴジラ」であり、劇場で怪獣を見る貴重な体験として残っているという。ビキニ環礁の核実験によって生まれた「ゴジラ」が登場したのが一九五四年、ゴジラと共に育ったのだ。この時高校生だった評者は子ども向けと受け止め、映画館に足を向けなかった(観る映画がたくさんあった)。世代の違いを感じる。ところで、お母様がすばらしい。怪獣ブーム真(ま)っ只中(ただなか)の息子に古生物図鑑を買い与えたという。著者の専門は進化発生学だが、物質の機能だけから生命現象を語ることが多い中で形態学の歴史を踏まえた比較形態学を進めている。妄想と科学が微妙に重なり合う「亜博物学」、ゴジラ幻論は著者にしか語れない。

 三章から成る。第一章「ゴジラ生物学会特別紀要」より--巨大不明生物の起源。第二章「個別の博物誌--…

この記事は有料記事です。

残り1123文字(全文1518文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです