メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『ギリシア人の物語2』=塩野七生・著

 (新潮社・3240円)

民主政の核心はポピュリズム?

 まことしやかに古代の三大美男子といわれるペリクレスは、なによりもアテネ民主政の立役者であり、三十年以上にわたって最良の民衆指導者であった。

 だが、彼が死んだとき、市民はそれほどの感慨もなく、国葬にして弔おうと言い出す者もいなかった。それどころか喜劇作家アリストファネスは、民衆に寄り添うどころか叱りつけてばかりいたペリクレスを笑いの種にして、死んでくれて清々したと言わんばかりだったという。そこには、いったい何が起こったのだろうか。

 そもそも民主政の華といわれるペリクレス時代だが、同時代の歴史家ツキディデスは「形は民主政体だが、実…

この記事は有料記事です。

残り1173文字(全文1466文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです