メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『埋もれた都の防災学 都市と地盤災害の2000年』=釜井俊孝・著

 (京都大学学術出版会・1944円)

 著者は、地震による地滑りなどの地盤災害が専門。古代都市ローマや日本の古墳、豊臣家が造り埋められた大坂城の堀などを引き合いに、都市開発と地盤災害の歴史をひもとき、現代に通じる教訓をあぶり出す。「自然の改造は、必ず反動を生む。そのことを過去の事例は示している」。災害大国・日本に住む我々にとり、示唆に富む言葉だ。

 ローマのコロッセオの基礎は池の跡などで軟弱な部分と地盤の良い部分があり、軟弱なところで崩れている。…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文491文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです