メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『埋もれた都の防災学 都市と地盤災害の2000年』=釜井俊孝・著

 (京都大学学術出版会・1944円)

 著者は、地震による地滑りなどの地盤災害が専門。古代都市ローマや日本の古墳、豊臣家が造り埋められた大坂城の堀などを引き合いに、都市開発と地盤災害の歴史をひもとき、現代に通じる教訓をあぶり出す。「自然の改造は、必ず反動を生む。そのことを過去の事例は示している」。災害大国・日本に住む我々にとり、示唆に富む言葉だ。

 ローマのコロッセオの基礎は池の跡などで軟弱な部分と地盤の良い部分があり、軟弱なところで崩れている。…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文491文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです