メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

頂点へ・WBC侍たちの春

楽天・則本、振らせず仕留める

納得の投球ができたという則本

 最後はこれ以上ない直球だった。楽天・則本が、WBC招集前の最後の実戦になる韓国・KIA戦に先発登板。相手打者が「見逃した直球」が内角ぎりぎりに入り、三振に仕留めた。3回1失点の結果より「見逃し三振が一番の収穫。(直球の)課題が克服できた」と満足そうだった。

 WBC公認球に手を焼く投手がいる中、その段階をクリア。昨シーズンからさらなる課題に取り組んでいる。

 象徴的なのは、この日の4奪三振中、見逃しで取った二つ。内外角ぎりぎりに投げ、バットを振らせなかった…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです