メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
頂点へ・WBC侍たちの春

楽天・則本、振らせず仕留める

納得の投球ができたという則本

 最後はこれ以上ない直球だった。楽天・則本が、WBC招集前の最後の実戦になる韓国・KIA戦に先発登板。相手打者が「見逃した直球」が内角ぎりぎりに入り、三振に仕留めた。3回1失点の結果より「見逃し三振が一番の収穫。(直球の)課題が克服できた」と満足そうだった。

 WBC公認球に手を焼く投手がいる中、その段階をクリア。昨シーズンからさらなる課題に取り組んでいる。

 象徴的なのは、この日の4奪三振中、見逃しで取った二つ。内外角ぎりぎりに投げ、バットを振らせなかった…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文493文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです