メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

生みの親、夢近づく ブラインドテニス、故・武井さん 転落死6年、今春国際大会

 日本発祥の視覚障害者のスポーツ「ブラインドテニス」で初めての国際大会がこの春、スペインで開かれる。考案者の武井視良(みよし)さんは、パラリンピックの正式種目化を目指して普及活動に励んでいたさなかの2011年、駅のホームから転落して42歳で亡くなった。道半ばだった夢が、実現へ一歩踏み出す。【野村房代】

 ブラインドテニスは1984年、埼玉県立盲学校(現・県立特別支援学校塙保己一学園)高等部の生徒だった…

この記事は有料記事です。

残り1015文字(全文1216文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです