メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変わる学び

学習指導要領改定/5止 デジタル教育、専門家頼み

プログラミング作品を制作する京陽小学校の子どもたち=東京都品川区で、伊澤拓也撮影

 パソコンが並ぶ東京都品川区立京陽小学校の教室。児童が画面上の「実行」ボタンをクリックすると、自作のキャラクターに吹き出しがつき、京陽小の行事についての説明文が現れた。「3歩進む」「回転する」といった動作を選択すれば、画面上のキャラクターがその通りに動く。

 5年生はプログラミング学習用ツールを使い、新入生が見て楽しむ作品を制作している。3人1組で相談しながらの作業はにぎやかだ。

 小学校では2020年度に「プログラミング教育」が必修化され、コンピューターを動かす体験を通してプログラムの基礎的な理解を深める。京陽小はその先駆けで、14年度に授業を始めた。研究主任の西下義之教諭(51)は「『こう指令したらこう動くのでは』と考えることが論理的思考力を養う。分からないことがあってもまず自分で考え、友人同士で教え合うようになった」と効果を実感する。

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文1101文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  4. ORICON NEWS 『こち亀』日暮熟睡男の特番、AbemaTVで配信決定 4年に1度“目覚める男”再び

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです