メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワールド・トレジャー

特派員が選ぶ私の世界遺産 ドミニカネン書店(オランダ・マーストリヒト) 市民が守った知の拠点

吹き抜けの空間に3階建ての本棚が設置されている

 オランダ最古の街の一つマーストリヒト。欧州連合(EU)の創設を定めた条約に名を冠された地としても知られるこの都市の中心部に「世界で最も美しい」と評判の書店「ブックハンデル・ドミニカネン」がある。13世紀の教会を改装した書店は数年前に廃業の危機に陥ったが、市民の出資で乗り越え、人生に彩りを与える知の拠点として地元の人々に愛されている。

 店名はカトリックの一派、ドミニコ会の教会だった建物を使用していることに由来する。本を模した特注の鋼鉄の扉をくぐると、ゴシック建築の特徴であるとがったアーチに支えられた天井のフレスコ画に引きつけられた。広々とした吹き抜けの空間に長い窓から光がたっぷり差し込み、高さ8メートル、長さ30メートルの黒い本棚が不思議と調和する。

この記事は有料記事です。

残り1200文字(全文1529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染177カ国・地域、世界全域で68万人 死者3万人超える 新型コロナ

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです