メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おおさかの市民パワー

うめきた朝ガク 誰でも参加可、社会の課題学ぶ場 /大阪

参加者らは、身ぶり手ぶりで意思を伝えようと取り組んでいた=大阪市北区のグランフロント大阪で、中尾卓司撮影

 <福祉・保健><まち・雇用><環境・資源><子ども・教育><国際・共生>

出勤前、広がる知恵と輪

 JR大阪駅(大阪市北区)北側のうめきた地区で、早朝の時間に「うめきた朝ガク」が開かれている。出勤前のひととき、誰でも参加できる学びの場だ。参加者は社会の課題に向き合い、まちづくりを語り合っている。

 2013年8月に始まったうめきた朝ガクは先月26日、第40回の節目を迎えた。この朝のテーマは「音なき声を社会に 聴覚障害者の価値を届けるサイレントボイスの挑戦」。非言語のコミュニケーション研修を提案する企業「サイレントボイス」代表取締役の尾中友哉さんは、聴覚障害のある両親の間に育った経験を基に研修プログラムを考案した。

 尾中さんが「声を出さずに意思疎通を試しましょう」と呼び掛けた。参加者らは無言のまま、体を動かして身…

この記事は有料記事です。

残り963文字(全文1321文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです