連載

車で社会復帰

自動車運転への復帰支援の動きを「車で社会復帰」と題して随時お伝えします。

連載一覧

車で社会復帰

シミュレーターが貢献

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
とちぎリハビリテーションセンターで使われているリハビリ用のドライブシミュレーター=宇都宮市で
とちぎリハビリテーションセンターで使われているリハビリ用のドライブシミュレーター=宇都宮市で

 <くらしナビ・スローらいふ>

 脳卒中のリハビリを終えた人の運転再開にドライブシミュレーター(DS)が貢献している。最近は簡便で安価なDSも普及、運転再開ができるかを判断する一助になっている。またDSは一般の高齢者の運転適性の判断にも有効で、認知症に焦点を当てた国の交通安全対策のあり方を問い直す実験結果も出ている。

 ここは生活道路。障害物があるため左右にハンドルを切っていると子供が飛び出してきた。ブレーキを踏むタイミングが難しい。大画面(幅2・4メートル)で展開されるコンピューターグラフィックス(CG)はリアルだ。とちぎリハビリテーションセンター(宇都宮市)では、脳卒中のリハビリなどで月約10人がDSを利用する。危険を予測する場面では反応時間などがデータで出力される。和久井千夏子作業療法科長は「他の検査と合…

この記事は有料記事です。

残り1005文字(全文1363文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集