メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校とわたし

視野広げる意識育んでくれた=写真家・澤田知子さん

澤田知子(さわだ・ともこ)さん

 中学、高校、大学を通して、魅力的な美術の先生方に恵まれました。アーティストになりたいと考えたのは、神戸の私立女子校、松蔭中・高に通っていた時です。特に影響を受けたのは、当時から現代美術家として活躍されていた椿昇(つばきのぼる)先生です。

 出会いは中3の時。最初の授業は、チェコのアニメーション作家、ヤン・シュバンクマイエルの作品を見て感想をコラージュで表現する、というもの。課題を聞いただけでテンションが上がり、さらに完成作が評価されて廊下に張り出され、「美術って楽しい!」と思いました。

 高2で再び習うことになった椿先生は、話も魅力的でした。現代美術の最前線にとどまらず、政治や社会問題にも及びました。中でも印象に残るのは、チェルノブイリ原発事故を意識した自身の作品を見せながら「世界で起こっている問題について、アーティストは意見を表明することができる」という言葉です。

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文970文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです