メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

言葉の花束を贈る=酒井佐忠

 本阿弥書店主催の第31回俳壇賞と第28回歌壇賞の授賞式が東京・市ケ谷で開かれた。俳壇賞は蜂谷一人(はつと)さん(「いつき組」所属)の「虚子忌」(30句)、歌壇賞は大平千賀さん(「短歌人」所属)の「利き手に触れる」(30首)と佐佐木頼綱さん(「心の花」所属)の「風に膨らむ地図」(同)である。

 蜂谷さんは、<白靴を箱より出せば風つのる>と自然な感覚で「白靴」の新鮮さを表現したかと思うと、<両耳を吊らるるやうに立つ夏野>など独自の不思議な世界にも挑戦。虚子…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文572文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  4. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  5. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです