メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

言葉の花束を贈る=酒井佐忠

 本阿弥書店主催の第31回俳壇賞と第28回歌壇賞の授賞式が東京・市ケ谷で開かれた。俳壇賞は蜂谷一人(はつと)さん(「いつき組」所属)の「虚子忌」(30句)、歌壇賞は大平千賀さん(「短歌人」所属)の「利き手に触れる」(30首)と佐佐木頼綱さん(「心の花」所属)の「風に膨らむ地図」(同)である。

 蜂谷さんは、<白靴を箱より出せば風つのる>と自然な感覚で「白靴」の新鮮さを表現したかと思うと、<両耳を吊らるるやうに立つ夏野>など独自の不思議な世界にも挑戦。虚子…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文572文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです