メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

頂点へ・WBC侍たちの春

攻守の要、活躍 小林、司令塔役に意欲/坂本勇、快音に手応え

 WBCの2次リーグで対戦する可能性があるライバルへ、あいさつ代わりの一打だった。韓国代表との練習試合で、巨人の小林が安打を放って好機を作れば、坂本勇が適時二塁打。侍ジャパンの主力候補がそろって結果を出した。

 六回。先頭の小林が韓国の左腕・車雨燦の速球を捉え、三遊間をゴロで破る。さらに1死二、三塁とし、坂本勇。2球目の内角に入ってくるスライダーを体を回転させながら巧みにライナーで左前へ。打球を左翼手がそらす間に二塁を陥れ(記録は二塁打)、走者2人を本塁へ迎え入れた。

 日本代表の小久保監督は坂本勇を遊撃手のレギュラーに指名。打線でも中軸に置く考えを示している。小林も…

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文767文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです