メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

なくせ!!ホーム転落 視覚障害者、駅で講習会 福岡

歩行訓練士(右)の指導を受けながら電車の位置を確かめる視覚障害者の男性=西鉄福岡(天神)駅で

 福岡市内の視覚障害者5団体が19日、福岡市中央区の西鉄福岡(天神)駅ホームで、駅の構造や電車のドアの位置などを確認する体験講習会を開いた。視覚障害者がホームから転落する事故が全国で相次いだことを受け、5団体と市視覚障害者福祉協会、西鉄などが実施した。

 同協会によると、弱視や中途失明などの視覚障害者8人を含む約30人が参加し、近年の訓練で最も規模が大…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  2. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです