メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ大統領

求心力回復を狙う 就任1カ月

 【ワシントン大前仁、三木幸治】トランプ米大統領は20日、就任から1カ月を迎える。それに先立つ18日、南部フロリダ州で開いた政治集会で演説し、「米国を再び偉大な国にするための、とてつもない進展を報告する」と述べ、雇用創出などで成果を上げていると自賛した。今週にも、イスラム圏7カ国からの入国を一時禁止する大統領令を出し直す方針にも言及した。

 フロリダ州はトランプ氏が制した激戦州の一つ。政治集会は昨年11月の大統領選以降初めてで、支持率が低迷しているトランプ氏は、求心力の回復を狙ったとみられる。

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実の娘に性的暴行 差し戻し審も父に実刑判決 福島地裁

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 全米ライフル協会が破産申請 批判多いNY脱出、テキサス州で再編成へ

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです