メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥取環境大

イシサンゴ類分裂確認 骨格溶かし1000日

二つの個体に分裂した直後のクサビセンスガイ=徳田悠希講師提供

 公立鳥取環境大の徳田悠希講師(古生物学)らの研究グループが、約1000日かけて分裂するイシサンゴ類の一種の様子を確認した。深海の環境や生態系の研究につながるという。

 島根大汽水域研究センターの原口展子特任助教らとの共同研究で、研究成果は今月2日にオンライン英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載された。

 日本海や太平洋の海底に生息するクサビセンスガイ(センスガイ科)が、自らの骨格を溶かして上下に分裂する過程を観察。徳田講師によると、同種のサンゴが成長過程で二つの個体に分かれることは知られていたものの、実際はどのように分裂するかは分かっていなかったという。

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 女子高生2人死傷事故「事故の可能性、予見不可能」 低血圧の被告に無罪判決 前橋地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです