メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本市動植物園

土日祝日限定で部分開園へ

ブログの取材でキリンの様子を確認する上野さん=熊本市動植物園で2017年2月10日、中里顕撮影

 熊本地震で施設などが損壊して昨年4月から休園している熊本市動植物園(東区)が25日、土日祝日限定で部分開園にこぎつける。地震発生から約300日間、園のブログを更新し、お客さんが来ない園内で過ごす動物の近況を報告してきた同園獣医、上野明日香さん(38)は「実際に動物と対面し、楽しい時間を過ごしてほしい」と語る。熊本の動物の一部を一時的に預かる福岡など県外の動物園も部分開園にエールを送っている。

 「動植物園からライオンが放たれた」。昨年4月14日の前震の発生直後、インターネット上で虚偽情報が飛び交った。強い余震が続く中、園に問い合わせの電話が殺到した。「こんな時こそ、正確な情報を発信しなくては」。そんな思いが、園の公式ホームページ上で、飼育する動物について伝えるブログ「動物だより」の開始につながった。

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです