メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスクル火災

消火難航、倉庫倒壊の恐れ

 埼玉県三芳町の事務用品通販会社「アスクル」の物流倉庫で起きた火災は、発生から丸3日が過ぎた19日夜も消火に難航した。建物の広さに加え、火災の影響による倒壊の恐れもあり、鎮火のめどは立っていない。近隣住民が避難するなど周辺にも影響が出ている。

 県によると、19日午後5時時点での焼損面積は、東京ドームの面積とほぼ同じ約4万5000平方メートルに達した。

 入間東部地区消防組合消防本部などによると、火災は16日午前9時10分ごろ、鉄骨造3階建ての物流倉庫(延べ床面積約7万2000平方メートル)の1階段ボール置き場で発生し、2、3階に延焼した。当時、倉庫内では400~500人が作業しており、男性従業員2人が煙を吸うなどして重軽傷を負った。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  2. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  3. 日本生殖医学会「不妊治療の延期を」 新型コロナ対策で呼びかけ

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. 日産自動車九州が生産ライン停止 従業員の新型コロナ感染確認で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです