メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よりそうSPECIAL INTERVIEW

道下美里さん  明日に向かって一緒に スマイル支える伴走者

福岡市の大濠公園で練習する道下美里選手。伴走者にも自然と笑みが浮かぶ=野田武撮影

毎日新聞創刊145年特集

 きつい時ほど笑顔だった。昨夏のリオデジャネイロ・パラリンピック。この大会から正式採用された視覚障害者による女子マラソンで柔らかな表情で走ることから「スマイル走法」と名付けられた道下美里選手(40)=三井住友海上=が銀メダルを獲得した。2人の伴走者と走り抜けた酷暑の42.195キロを道下選手は「私が笑顔で楽しく走ってくればよいと言ってくれる仲間がいる」と振り返った。

 レースを終えた直後は、2020年東京パラリンピックを目指すか迷いがあった。だが、その日の夜の祝勝会…

この記事は有料記事です。

残り1324文字(全文1571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです