メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よりそうSPECIAL INTERVIEW

平野啓一郎さん  排他的大声に「ノー」 生きる意味問い続け

毎日新聞創刊145年特集

 純文学の旗手にしてオピニオンリーダーの平野啓一郎さん。昨年刊行された小説「マチネの終わりに」(毎日新聞出版)がベストセラーとなって多くの読者の心を潤している。40代の大人の男女が育む愛の物語だ。「男女だけでなく、さまざまな愛を書きました。親子愛、師弟愛、芸術への愛、弱者への愛……」。作品が幅広い層の共感を集めるゆえんだ。

 ヒロインは通信社の記者。イラクで取材中にテロに遭って心にダメージを負うが、やがてイラク難民の女性を…

この記事は有料記事です。

残り1265文字(全文1489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです