メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よりそうSPECIAL INTERVIEW

平野啓一郎さん  排他的大声に「ノー」 生きる意味問い続け

毎日新聞創刊145年特集

 純文学の旗手にしてオピニオンリーダーの平野啓一郎さん。昨年刊行された小説「マチネの終わりに」(毎日新聞出版)がベストセラーとなって多くの読者の心を潤している。40代の大人の男女が育む愛の物語だ。「男女だけでなく、さまざまな愛を書きました。親子愛、師弟愛、芸術への愛、弱者への愛……」。作品が幅広い層の共感を集めるゆえんだ。

 ヒロインは通信社の記者。イラクで取材中にテロに遭って心にダメージを負うが、やがてイラク難民の女性を…

この記事は有料記事です。

残り1265文字(全文1489文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  2. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  3. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  4. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  5. 日朝合弁10社 不正送金か 金融庁、全銀行に報告命令

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]