メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よりそうSPECIAL INTERVIEW

吉田都さん 痛み抱えた人々がいる その存在を忘れずに

吉田都さん=森田剛史撮影

毎日新聞創刊145年特集

 国際コンクールでの入賞を機に17歳で単身渡英し、「ロイヤルの至宝」と呼ばれるまでになったバレリーナ、吉田都さん。福祉にも心を寄せ、「ユネスコ平和芸術家」「国連難民親善アーティスト」を務める。祖国に拠点を移した今、英国仕込みのチャリティー精神を、どう発揮しているのだろうか。【斉藤希史子】

 開口一番、「舞台に立つには『寄り添う』心が大切です」と吉田さん。バレエ団で新人が与えられる役は、「…

この記事は有料記事です。

残り1383文字(全文1589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです