メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よりそうSPECIAL INTERVIEW

山中俊治さん 障害がある人も ない人も一緒に競う日 夢見て

山中俊治さん=中村藍撮影

毎日新聞創刊145年特集

 スタートラインからゆっくり走り始めると、新しい義足の調子を確かめるようにぐいぐい加速した。昨年のリオデジャネイロ・パラリンピックの陸上女子短距離2種目でアジア記録を出し入賞した高桑早生選手(24)のテスト走行場面。左ふくらはぎの後ろから伸びるカーボン製の板バネがしなやかに地面を蹴り、膝下には赤い流線型のラインが光る。

 義足は山中俊治・東京大生産技術研究所教授がデザインした最新の「ラミ」。初めて3D(三次元)プリンテ…

この記事は有料記事です。

残り1422文字(全文1644文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです