メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマ町物語

72/サクライ編

初めて教わるスペシャルブレンドコーヒー どんな思いが?

[PR]

喫茶「サクライ」にて-- 千鶴「おいしい。さすがパパのサクライスペシャルブレンドコーヒー。私にはまだまだこの味は出せないのかなあ」 文太「教えてやるから。作ってみるか?」 驚く千鶴。
千鶴「いいの!?」 文太「ああ」 千鶴「なんで急に!? 今までお願いしてもダメだったのに!」 文太「落ち着け千鶴」 (母親の千歳がいた頃の回想) 千歳「母の味と言ってはなんだけど……千鶴が大きくなったらこの味を受け継いでほしいなって思うの。 お待たせしましたっ。『ちとせ』スペシャルブレンド!」 (幸せそうにコーヒーを飲む文太)
コーヒーの入れ方を文太から教わる千鶴。 文太「うまいな。さすが母さんの娘だ」 千鶴「えへへ だって昔からずっと見てたもの。当然ですっ」 文太「いつかお前がこの店を離れる時が来たら、母さんや俺が作ってきたように…」
文太「お前の大切な人たちに、お前なりの『スペシャルブレンド』を出せるように な。 母さんと俺からの頼みだ」 千鶴「もちろん…でもねパパ…私はずっとパパと…サクライと一緒だよ?」 文太「でもな…」
文太「お前もいつかその…そういう時が来るだろ…」 文太の思いに気付く千鶴。 千鶴「ありがとね …お父さん」 ある日のこと。 サクライにてコーヒーを飲む菊。 菊「おや。このブレンド、今日は千鶴ちゃんが入れたのかい?」 千鶴「あっ分かります?」 菊「そりゃー長いこと、ここに通っているからね」
菊「千歳ちゃん文太さんそして千鶴ちゃん 3人のブレンドを味わえるなんて長生きするもんだねえ。 4代目の味も楽しみだね!」 カラーーン。 千鶴「あっいらっしゃいませー」 千鶴「ええっ!?」 文太「なっ何だぁ!?」 何か異変に気付いた千鶴と文太でした。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  4. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も
  5. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです