メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンへの発言

キーワード 石原慎太郎氏への公開状=中森明夫

 石原慎太郎さま--。

 突然の公開状を失礼します。実は<石原慎太郎氏への公開状>が毎日新聞夕刊に載るのはこれが2度目です。最初は1970年6月11日付。筆者は三島由紀夫。当時、国会議員のあなたが自ら所属する自民党を批判するのは「士道にもとる」と三島は難詰した。

 3年前、『文学界』の芥川賞第150回記念号で私は石原さんをインタビューしました。「芥川賞のおかげで有名になったんじゃない、俺のおかげで芥川賞が有名になったんだ」とか「皇室にはあまり興味ないね。僕、国歌歌わないもん。国歌を歌うときはね、僕は自分の文句で歌うんです。『わがひのもとは』って歌うの」とか強烈発言の連発で大炎上しました。「文学賞をもらわなくて悔しいですか」とか「今でも障子を破っちゃうんじゃないか」とか私の無礼な質問にも率直に答えてくださった。持参した三島由紀夫の自決1週間前の対談テープで石原さんに言及している部分をお聞かせすると「えっ、これ三島さんの声なの?」とあなたの顔色が変わった。ああ、石原慎太郎にとって三島由紀夫は特別な存在なのだな、と実感しました。

 今回、47年前の三島と同じ紙面、同じ題名でこの一文を寄稿するのは、石原さん、あなたに覚醒をうながし…

この記事は有料記事です。

残り1124文字(全文1640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

  5. 首相、1日で要人23人と「マラソン会談」 即位の礼「祝賀外交」始まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです