メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

若者の夢は「違い」超える ドキュメンタリー映画「かけはし」大阪で上映中

 JR新大久保駅(東京都新宿区)で2001年1月、ホームから転落した男性を救おうとして日本人カメラマンと共に亡くなった韓国人の日本語学校生、李秀賢(イスヒョン)さん(当時26歳)。彼の足跡や遺志をたどったドキュメンタリー映画「かけはし」(中村柊斗監督)が2月11日から大阪市淀川区の淀川文化創造館シアターセブンで上映されている。揺れる日韓関係の中、着実に培われてきた民間交流や絆が描かれている。【高尾具成】

 事故から16年が経過した1月26日の命日。秀賢さんの父、李盛大(イソンデ)さん(77)と母の辛潤賛(シンユンチャン)さん(67)が来日し、事故現場を訪れて追悼した。両親は「事故当時と変わらぬ気持ちで思い続けてくださるみなさんのおかげでやってこられた。息子がどこかで見ていて生きているように思えます。息子の遺志が受け継がれていくことを心から望んでいます」と支援者らに感謝を述べた。

この記事は有料記事です。

残り1885文字(全文2278文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. ノーベル賞・本庶氏が小野薬品提訴を表明 オプジーボ特許使用料226億円求め

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  5. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです