メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災6年・17年とうほく

達増知事、今後の復興へ抱負 一問一答 /岩手

 主なやりとりは次の通り。

 --東日本大震災から6年を迎える。

 ◆かなり多くのことを成し遂げてきた。災害公営住宅は今年度末で約8割が完成見込み、宅地は5割超の供給見込みだ。病院や学校も次々完成している。大船渡市での「まちびらき」や山田町での共同店舗のオープンなどなりわいの再生も本格化している。

 --復興で遅れていることは。

 ◆まずは防潮堤などの海岸保全施設。これは市町村などとの調整や台風10号被害などで完成時期が延びてい…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

  2. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. 安倍首相 在職歴代最長達成 お膝元・下関で祝福行事 横断幕や写真展、三原じゅん子議員の街頭演説会も

  5. SNSで知り合った少女と性行為 県条例違反で略式命令 男性教諭を懲戒免職 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです